FC2ブログ

みなさまと共に歩む…… (*個人的な感想です)

本当の「雪女」 Google翻訳編

雪女

Patrick Lafcadio Hearn 作 / Google 翻訳
モサクとミノキチ 

武蔵野の村には、モサクとミノキチの2つの木工師がいました。私が話している時、モサクは老人でした。彼の弟子であるミノキチは18歳の若さでした。毎日彼らは村から約5マイル離れた森に集まった。その森への道のりには広い川があります。フェリーボートがあります。フェリーがあるところに数回橋が建設されました。しかし、橋は毎回洪水によって持ち去られました。川が上がったときに、そこに流れ込む電流に抵抗することのできる共通の橋はありません。

モスクとミノキチは帰宅途中だった。非常に寒い夕方、大きな吹雪がそれらを追い越した。彼らはフェリーに到着した。ボートマンが川の向こう側にボートを残していたことが分かった。それは泳ぐ日ではなかった。ウッドカッター達はフェリーマンの小屋で避難所を取った。小屋に火鉢はなく、火をつける場所もありませんでした。それは1つの扉があり、窓はない2畳の小屋でした。モサクとミノキイチはドアを締めて、その上に藁の雨の上に乗って休息した。最初は彼らはとても冷たく感じませんでした。彼らはすぐに嵐が終わると思った。

老人はすぐに眠りに落ちた。少年ミノキチは長い時間目を覚まし、ひどい風に耳を傾け、雪をドアに絶えず叩きつけていた。川は轟音であった。小屋は揺れて海の迷路のように鳴り響きました。それはひどい嵐だった。空気は一瞬一層寒くなりました。ミノキチはレインコートの下で震えました。しかし、ついには、寒さにもかかわらず、彼はあまりにも眠りについた。

彼は顔に雪が降りて目が覚めた。小屋の扉は強制的に開放されていた。そして、雪光(ゆきかかり)によって、彼は部屋の女性を見ました - 白人の女性。彼女はモサクの上で曲がっていて、彼女に息を吹きかけていた。そして彼女の息は明るい白い煙のようだった。ほぼ同じ瞬間に、彼女はミノキチに向かい、彼をひっくり返した。彼は叫んだりしようとしましたが、何の音も出せないことがわかりました。白い女性は、彼の顔が彼にほとんど触れるまで、彼の上を下ったり下ったりした。彼は目が彼を恐れさせたが、彼女はとても美しいと思った。彼女は笑って、笑って、「他の人と同じように扱いたいと思っていたが、若い頃、あなたに同情を感じるのを助けることはできない。あなたはかわいい男の子、Minokichiです。今はあなたを傷つけません。しかし、もしあなたが今夜あなたが見たことについて誰か、つまり自分の母親まで言えば、私はそれを知るでしょう。それから私はあなたを殺すだろう...私の言うことを忘れないで! "

これらの言葉で、彼女は彼から向かい、出入り口を通りました。それから彼は自分自身を動かすことができた。彼は立ち上がり、見た。しかし、女性はどこにも見えませんでした。雪が小屋に激しく吹き込んでいた。ミノキチはドアを閉め、数枚の木材をそれに固定して固定した。彼は風が開いているかどうか疑問に思った;彼は唯一の夢を見ていたかもしれないと思って、白い女性の人形のための玄関の雪の光の煌きを間違えたかもしれないが、彼は確信することができませんでした。彼はモサクに電話し、老人が答えなかったのでびっくりした。彼は暗闇の中で手を出し、モサクの顔に触れ、それが氷であることを発見した!モサクはスタークで死んでいた...

夜明けの嵐は終わった。その日の少し後に、駅に戻ったとき、彼はミノキチがモザクの凍った体のそばに無意識のうちに横たわっていることを発見した。 Minokichiはすぐに世話をされ、すぐに自分自身に来た。その恐ろしい夜の寒さの影響から、彼は長い間病気のままでした。彼は老人の死によっても大きく怯えていた。彼は白人女性のビジョンについては何も言わなかった。彼が再びうまくやって来るとすぐに、彼は毎朝森に行き、夕暮れ時に彼の母親が販売するのを助けた木製の束で戻ってくる彼の呼び出しに戻りました。

ある晩、翌年の冬に、家に帰る途中で、同じ道を旅していた少女を追い抜いた。彼女は背の高い、スリムな女の子、非常に格好良かったです。彼女は鳴き声の声のように声を響きながら、箕木斉の挨拶に耳を傾けて答えた。それから彼は彼女のそばを歩いた。彼らは話を始めた。女の子は彼女の名前はO-Yukiだったと言った。彼女は最近、両親を失いました。彼女はええに行くことになっていました。彼女は何らかの貧しい関係を経験したことがあり、彼女は奴隷としての状況を見つけるのを助けるかもしれません。

ミノキチはすぐにこの奇妙な女の子に魅了された。そして彼が彼女を見た以上に、彼女はハンマーと思われた。彼は彼女にまだ婚約しているかどうか尋ねた。彼女は笑いながら、彼女は自由であると答えました。そして、彼女は自分の順番で、ミノキチに、結婚しているのか、結婚するのかを尋ねました。彼は、彼女には、未亡人の母親しかいなかったが、 "尊敬される義理の義理"の質問は、まだ若い頃から考慮されていなかったと語った。これらの信頼の後、彼らは話すことなく長い間歩いた。しかし、諺が示すように、キ・ガ・アッバ、私はモク・クーディ・ホドニ・モノウォー・イウ:「希望があれば、目は口のように言える。彼らが村に到着するまでに、彼らはお互いにとても喜んでいました。ミノキッチはおゆうきさんにしばらく家に帰るように頼んだ。いくつかの恥ずかしがり屋の後、彼女は彼と共にそこに行った。彼の母親は彼女を歓迎し、彼女のために暖かい食事を用意しました。おじいちゃんはあまりにもうまく行動していたので、ミノキチさんの母親は突然彼女に気に入って、彼女にイエローの旅を遅らせるよう説得しました。そして、問題の自然な終わりは、ユキは決してええに全く行きませんでした。

彼女は「名誉ある義理の嫁」として家に残った。 O-Yukiは非常に良い義理の義理を証明しました。ミノキチの母親が死にました - 5年後、最後の言葉は息子の妻のために愛情と賛美の言葉でした。そして、O-Yukiは10人の子供、少年少女、それらのすべての子供たち、そして非常に公平な皮膚を持っています。

田舎の人は、O-Yukiは本質的に素晴らしい人物だと思っていました。農民女性の大半は早く年を取る。 O-Yukiは、10人の子供の母親になってからも、村に初めて来た日のように若くて新鮮なものでした。ある夜、子どもが眠った後、おゆきは紙のランプの光で縫い合わせていた。とミノキチは、彼女を見て、言った: -

「あなたがそこに縫うのを見るためには、あなたの顔に光を当てて、私が18歳の若者の時に起こった奇妙なことを考えさせてください。あなた...」彼女の仕事から目を離さずに、O-Yukiは答えました。「彼女について教えてください...どこに彼女を見ましたか?それから、ミノキチは、フェリーマンの小屋と、彼の上に腰をかがめていた白い婦人の笑い声と囁き声、そして老いたモサクの沈黙の死について、彼女に語った。そして、彼は言った:

「眠っているか目が覚めている、それは私があなたのように美しいと思った唯一の時間でした。もちろん、彼女は人間ではなく、私は彼女を恐れていた、非常に恐れていましたが、彼女はとても白でした!私が見た夢なのか、雪の女なのかは決して確かではありませんでした」「おゆうきは縫い物を下ろして起き上がり、ミノキチの上を歩いて座って叫んだ彼の顔に -

「それは私なんだよ!雪だよ!そして、もしあなたがそれについて話したら、私はあなたを殺すだろうと言ったんだけど...でも、そこに眠っている子供たちは、この瞬間にあなたを殺すだろう!今あなたは彼らのことをとてもうまくやっているほうがいいと思うのですが、これまでにあなたに不平を言う理由があれば、私はあなたにふさわしいようにあなたを扱います!」...彼女が叫んだとしても、彼女の声は、彼女は屋根の梁に溶け込んだ明るい白い霧の中に溶けて、煙の中を震え去りました。もう一度彼女は見られませんでした。


解説


これまでにいろいろな人が翻訳している小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の『怪談』だが、現代の技術の結晶である機械翻訳の中でも、もっとも進歩したGoogle翻訳であらためて訳してみると、昔の訳者では気が付かなかった原文の本当の意味が浮き彫りにされる。
モサクとミノキチは、フェリーボードに乗って帰ろうとしていた。江戸時代の話だと思われていたが、どうも違うらしい。また、ミノキチはフェリーマンの小屋で恐ろしい体験をして、急いでモサクに電話をかけているが、二畳ほどの小さな部屋にいる相手にかけるということは、携帯電話が普及していたことを示している。
また、他の訳では、O-Yukiは江戸に向かう途中だったとされているが、今回の翻訳でO-Yukiが白人女性であることがわかり、また行き先もイエローの街ということも判明した。つまり、時代どころか、舞台となった世界も日本ではないようだ。
最後にO-Yukiは「それは私なんだよ!雪だよ!そして、もしあなたがそれについて話したら、私はあなたを殺すだろうと言ったんだけど...」と語気が変化したと思えば、その後は何を話しているのかわからない。やっぱりO-Yukiは外人だったのだ。
それは別として、肝心な結末部分で、主人公のひとりであるO-Yukiが何を言ってるのかわからないので、物語として、何が言いたかったのか、ぜんぜんわからない。釈然としない。なんだこれ? である。小泉八雲、どうかしてるぞ。

スポンサーサイト
プロフィール

文豪堂

Author:文豪堂
いらっしゃいませ。中川善史(自称社長)と金井哲夫(自称編集局長)が2人でしこしこ書いているふざけた電子書籍本を販売する「蕪」式会社文豪堂書店です。(社名は予告なく変更することがあります) (なおこれは個人の感想です)(効能を保証するものではありません)(おだてると調子に乗ります)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR