みなさまと共に歩む…… (*個人的な感想です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名作機械翻訳文庫

翻訳家でもある文豪堂書店編集長の金井哲夫は、翻訳家なので楽をしようと、機械翻訳で1本の小説を翻訳させた。それがこの作品だ。なんと芸術的な大爆笑小説となって、自分自身、危機感を憶えている。みなさんもよく読んで欲しい。で、この作品が誰の何と言う短編小説かを当ててほしい。さあて、おわかりかな? (金井哲夫)

--------------------------------------------------------------------

1ドル八十から七セント。それがすべてでした。そして、それの60セントは小銭でした。ペニーは自分の頬には、このようなクローズを暗示扱うことは節約のサイレント転嫁で焼かれるまで、食料品店や野菜の男と肉屋をブルドーザーことにより、一度に1と2を救いました。デラは三回を数えました。 1ドルeighty- 7セント。明日はクリスマスだというのに。
んが、みすぼらしい小さなソファと遠吠えにごろりと横になるためには何も明らかにありませんでした。ですからデラはそれをやりました。これは寿命がsnifflesが優勢で、すすり泣き、sniffles、と笑顔で構成されていることが道徳的な反射を扇動。

家の愛人は徐々に第一段階から第二に沈下している間、家を見てみましょう。週$ 8で家具付きフラット。まさに乞食説明しませんでしたが、それは確かに乞食生活の分隊に目を光らせて、その単語を持っていました。
階下にない文字は行かないだろうそこにレターボックス、および何死すべき指環を同軸ことができなかった、そこから電気ボタンがありました。また、名を冠したカードがたにありました所属の "ミスタージェームズディリンガムヤングは。」

「ディロン」は、その所有者は週$ 30支払われた繁栄の時代にはそよ風にはためいていました。さて、利益はしかし、彼らは控えめと控えめDに契約を真剣に考えていた。しかし氏ジェームズディリンガムヤングが家に来て、彼は「ジム」と呼ばれ、大幅に夫人によって抱きしめた上に、彼のフラットに達したときに、$ 20に縮小されたときすでにデラとしてあなたに紹介しました。ジェームズ・ディリンガム・ヤング、。これはすべての非常に良いです。

デラは彼女の叫びを終え、粉末ウエスで彼女の頬に出席しました。彼女は窓に立ち、灰色の裏庭にある灰色の塀を灰色の猫が歩い鈍く外を見ました。明日はクリスマスの日になると、彼女はジムに贈り物を買うお金がたったの$ 1.87でした。彼女はこの結果と、数ヶ月のために彼女ができたあらゆるペニーを保存していました。 20ドルの週は遠くに行っていません。費用は彼女が計算した以上にありました。彼らは常にあります。たったの$ 1.87ジムのために本を購入します。彼女のジム。彼女は彼のために素晴らしい何かを計画して過ごした多くの幸せな時間。上質で希少な、英ポンド何か - ジムによって所有されているの名誉の価値があることに近い何か少しだけ。

部屋の窓と窓の間に桟橋ガラスがありました。おそらく、あなたは$ 8フラットで桟橋ガラスを見てきました。非常に薄く、非常に機敏な人は、長手方向のストリップの急速な順序で彼の反射を観察することによって、彼のルックスのかなり正確な概念を得ることができます。デラは、細身であること、芸術をマスターしていました。

突然、彼女は窓から旋回し、ガラスの前に立ちました。彼女の目はきらきらと輝いていましたが、彼女の顔は20秒以内にその色を失っていました。急速に彼女は彼女の髪を下ろし、その長さいっぱいに落下しましょう。

今、彼らは両方の強大な誇りを取っているジェームズディリンガムヤングの2所有物がありました。一つは、彼の父の、彼の祖父のだったジムの金時計でした。他には、デラの髪でした。シバの女王がairshaft全体にフラットに住んでいた、デラは彼女の髪は、ちょうど女王陛下の宝石や贈り物を減価償却するために乾燥させるためにいくつかの日に窓の外にぶら下がった状態にしなければなりません。ソロモン王は、管理人は、地下室に積んですべての彼の宝物で、ジムはちょうど彼が嫉妬から髭で摘み取る見るために、彼は合格するたびに彼の時計を取り出しただろうされていました。

だから今デラの美しい髪は、彼女のリップルについて落ちたと茶色の海のカスケードのように輝きます。それは彼女の膝の下に達し、彼女のためにそれ自体がほとんど衣服を作りました。そして彼女は神経質にかつ迅速に再びそれをやりました。彼女は分間行き詰まっと涙または2が摩耗赤いカーペットの上に跳ね上げながらまだ立ったら。

上は彼女の古い茶色のジャケットを行ってきました。彼女の古い茶色の帽子を行った上で。スカートの旋回と、まだ彼女の目に鮮やかな輝きで、彼女はドアの外にひらひらと通りに階段。

彼女は看板を停止どこ読み:「MNE Sofronieすべての種類の髪製品。。。」 One飛行アップデラは走り、喘ぐ、自分自身を集めました。マダムは、大規模な、肌寒い、あまりにも白、ほとんど「Sofronie」を見ていません

「あなたは私の髪を購入するのだろうか?」デラを尋ねました。

「私は髪を買い、「マダムは言いました。 「ヤー帽子を脱いでのそれのルックスで視力を持ってみましょう。」

ダウン茶色のカスケードをさざ波。

「20ドル、「マダムは練習の手で質量を持ち上げ、と述べました。

「迅速な私にそれを与える、 "デラは言いました。

ああ、次の2時間はばら色の翼に乗っによってつまずい。ハッシュ化されたメタファーを忘れます。彼女はジムの贈り物を探してお店を巡りました。

彼女は最後にそれを発見しました。それは確かにジムと誰ものために作られていました。そこのような他の店舗のいずれかではなかった、と彼女は裏返しにそれらのすべてをなっていました。これは、適切にけばけばしい装飾によって、単独ではなく、物質によってその値を宣言し、デザインのシンプルで上品なプラチナフォブチェーンだった - すべての良いものが何をすべきとして。これは、ウォッチのさえ値するでした。すぐに彼女はそれを見たように彼女はそれがジムのでなければならないことを知っていました。それは彼のようでした。静粛性と価値 - の両方に適用される説明。 21個のドルは、彼らはそれを彼女から取った、と彼女は87セントと一緒に家に急ぎました。この鎖を時計につけれはどのような企業での時間は約適切に気になるかもしれません。グランドは、時計のように、彼は時々悪賢い彼は鎖の代わりに古い皮ストラップのアカウント上でそれを見ました。

デラが家に達したときに彼女の中毒は少し慎重かつ理由に道を譲りました。彼女は彼女のヘアアイロンを出て、ガスを点灯し、寛大さ、愛に追加することによって作られた被害を修復する仕事に行きました。これは常に驚異的なタスク、親愛なる友人である - マンモスタスク。

40分以内に、彼女の頭は彼女が素晴らしく不登校生徒のように見える作られた小さな、クローズ横たわっカールで覆われていました。彼女は慎重に、長い鏡の中の彼女の反射を見て、と批判。

「ジムは私を殺すしない場合は、「彼は私をもう一度確認を取る前に、彼女は "、自分自身に言った、彼は私がコニーアイランドのコーラスガールのように見えると言うでしょうしかし、私は何を行う可能性 - 。ああ何私ができます!ドルで行い、7セントをeighty-?」

7時位置にコーヒーがなされたとフライパンが熱く、チョップを調理する準備ができてストーブの後ろにありました。


ジムは遅くはなかったです。デラは彼女の手にフォブチェーンを倍増し、彼は常に入力されたドアの近くのテーブルの隅に座りました。それから彼女は離れてダウンして初飛行上の階段の彼のステップを聞いて、彼女はちょっと白くなっ。彼女は最も簡単な日常的なものについて少し黙祷を言うために習慣を持っていた、そして今、彼女はささやいた: "。神は、彼が私はまだかなりだと思うしてください」

ドアが開き、ジムが介入して、それを閉じました。彼は薄く、非常に深刻でした。悪い仲間、彼は唯一二十から二だった - と家族を負担します!彼は新たなオーバーコートを必要とし、彼は手袋なしでした。

ジムはウズラの香りでセッターとして不動のように、ドアの内側に停止しました。彼の目はデラ時に固定された、と彼女は読み取れなかったことをそれらの式がありました、そして、それは彼女を恐怖しました。それは彼女がのために準備されたことを怒り、また驚き、また不承認、またホラー、また感情のいずれかではありませんでした。彼は単に彼の顔にその奇妙な表情で固定的に彼女を見つめていました。

デラはテーブルをオフにうごめいし、彼のために行ってきました。

「ジムは、最愛の人、 "彼女は叫んだ、「私にそのように見ていない。私はあなたにプレゼントを与えることなく、クリスマスを生き抜いてきたことができなかったので、私は私の髪を切って販売していた。それはagain--を成長させるだろうあなたは意志、気にしないのだろうか?私はちょうどそれをしなければならなかった。私の髪は非常に速く成長します。 `メリークリスマスを言います!」ジムは、とのが幸せにしましょう。あなたは美しい、素晴らしい贈り物は、私はあなたのために持っているもの何nice--知りません。」

「あなたは、あなたの髪を切ってきました?」彼も最も困難な精神労働の後にまだその特許実際に到着していなかったかのように、苦労し、ジムに尋ねました。

「それをカットし、それを販売し、 "デラは言いました。 「あなただけのようにも私を好きではない、とにかく?私は、私は、私の髪なしで私をされていませんよ?」

ジムは不思議な部屋の中に見えました。

「あなたは、あなたの髪がなくなっていると言います?」彼はほとんど白痴の空気と、言いました。

"あなたはそれを探す必要はありません、"デラは言いました。 「それは販売だ、私はあなたを教えて - 。。。それはあなたのために行ったために販売され、なくなって、あまりにもそれはクリスマスイブだ、少年私には良いことが、たぶん私の頭の毛が数えられた、 "彼女は、突然の深刻な甘さに行ってきました「誰も今まであなたのための私の愛を数えることができなかった。私はジム、上のチョップを入れましょうか?」

彼の恍惚のうちジムは目覚めるために迅速に見えました。彼はデラを包み込みます。 10秒のために私たちが他の方向に慎重な精査して、いくつかの重要ではないオブジェクトを考えてみましょう。八ドル週間または百万円 - の違いは何ですか?数学者やウィットはあなたに間違った答えを与えるだろう。マギは貴重な贈り物を持ってきたが、それは彼らの中ではありませんでした。この暗いアサーションは後に点灯します。

ジムは彼のオーバーコートのポケットからパッケージを描き、テーブル上にそれを投げました。

「任意のミスをしないで、デルは、「彼は私のこと "と言った。私は何がヘアカットの仕方や任意の少ない私の女の子のように私を作ることができるシェーブまたはシャンプーであると思う。しかし、あなたの場合はありません「あなたは私が最初にしばらく行く持っていた理由を見ることができるパッケージをアンラップでしょう。」

ホワイト指と軽快な文字列と紙で引き裂きました。そして喜びの恍惚と悲鳴。そしてその後、ああ!フラットの藩主のすべての慰めの力の即時の雇用を必要とヒステリックな涙とwailsへの迅速なフェミニン変更、。

デラがブロードウェイ・ウィンドウに長い崇拝していたことを櫛のセット、サイドとバック、 - 櫛が横たわっていたために。宝石リムと美しい櫛、純粋な亀甲、 - ちょうど色合いが美しい姿を消し髪に着用します。彼らは高価な櫛だった、彼女は知っていた、と彼女の心は、単に所持の少なくとも希望もなく切望し、それらの上にあこがれていました。そして今、彼らは彼女だったが、誰もが欲しがる装飾品を飾っているはず房がなくなっていました。

しかし、彼女は彼女の胸にそれらを抱きしめ、そして長さで、彼女は薄暗い目と笑顔で見上げることができたと言う: "私の髪は、ジムを非常に速く成長します!」

そして、彼らはデラ少し調印猫のように跳ね上がっと、叫んだ「ああ、ああ!」

ジムはまだ彼の美しい贈り物を見ていません。彼女は熱心に彼女の手のひら時に彼にそれを差し出しました。鈍い貴金属は、彼女の明るく熱心な精神を反映して点滅するように見えました。

「それは私がそれを見つけるために町中に狩り?ダンディ、ジムではありません。あなたが今一度に百回一日を見てする必要があります。私はそれがそれにどのように見えるかを確認したい。私にあなたの時計を与えます。 「

代わりに従うことで、ジムはソファの上に転げ落ち、彼の頭の後ろの下に手を入れて、微笑みました。

「デルは、「彼は私たちのクリスマスは離れて提示入れて '日をしばらく維持しましょう。彼らはただ、現時点で使用するにはあまりにも素敵だ」と述べた。私はあなたの櫛を買うためにお金を得るために時計を販売しました。そして今、あなたが入れたと仮定します上のチョップ。」

すばらしく賢い人 -   - 飼い葉桶でベイブに贈り物を持ってきたマギは、あなたが知っているように、賢い人でした。彼らは、クリスマスプレゼントを与えるの芸術を発明しました。賢明なので、彼らの贈り物は、おそらく重複の場合は交換の権限を保有する、間違いなく賢明なものではなかったです。そして、ここで私は弱々しくあなたに最も愚かお互いのために彼らの家の最大の宝物を犠牲にフラットで2愚かな子供たちの平穏記載に関連しています。しかし、これらの日の賢いへの最後の言葉で、贈り物をするすべての人のこれら二つは賢明だったと言うことができます。 O彼らは賢明であるような贈り物を、与え、受け取るすべての人。どこでも彼らは賢明です。彼らはマギです。

おわり



●金井哲夫の後書き

「翻訳をするときは元の英語が透けて読めるようではダメだ」と言われる。最初から日本語で書かれたかのように訳すのが良い。その点、この訳文からは、ほとんど元の英語が推測できないため、なかなかの名訳ではないかと思う。
 とくに、二段落目の冒頭の「んが」は、日本に生まれ育った人間にしか出てこない訳だろう。
 全体を通して、元の英語がまったくわからない。なぜわからないのかと言えば、日本語もまったくわからないからだ。おそらく、ジェイムズ・ジョイスの作品に匹敵する難解な原文であろうことがわかる。
 これだけの翻訳がすでに自動的に行われるとなると、翻訳家の自分としては、いささか危機感を憶える。 
 しかし、そこは経験の深さが違う。老婆心ながらひとつ助言をさせてもらえるなら、「あなたは、あなたの髪がなくなっていると言います?」というジムの台詞は、少しいただけない。原文は ”You say your hair is gone?” となっている。ここは、「あなたの髪が『ゴーン!』と鳴ったのですか?」と訳すほうがバランスがよいと思う。




          

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

文豪堂

Author:文豪堂
いらっしゃいませ。中川善史(自称社長)と金井哲夫(自称編集局長)が2人でしこしこ書いているふざけた電子書籍本を販売する「蕪」式会社文豪堂書店です。(社名は予告なく変更することがあります) (なおこれは個人の感想です)(効能を保証するものではありません)(おだてると調子に乗ります)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。